薔薇のソムリエ小山内健さんの紹介,京阪園芸ガーデナーズ WEBショップ

  • F&Gローズ
  • 会員登録
  • ログイン
  • 買い物かご
  • 店舗トップ
  • 会社概要
  • ご利用ガイド
  • お支払い・送料・返品

商品カテゴリ一覧 > 薔薇のソムリエ小山内健さんの紹介

薔薇のソムリエ 小山内健さんのページ

小山内健さんは、バラの栽培、品種の鑑定などに携わる、
京阪園芸(けいはん)のバラのスペシャリスト。 TVチャンピオン
「全国バラの花通選手権」2回制覇というすごい 経験もある彼は、ローズセミナーや講演会、テレビ出演、執筆など、 各方面で活躍しています。

その経験の豊富さから園芸業界では 「バラ鑑定士」、「薔薇のソムリエ」などとも呼ばれていたりします。 ここでは、そんな彼のこれまでの歩み、現在の活動について ご紹介させていただきます。

彼をもっと身近に感じられるはずです。

自然の中から多くのことを学んだ幼少時代

幼少の頃、東京から大阪郊外に引越してきた小山内さん。 言葉の壁もあり、ひとりで過ごすことも多かったとか…。

でも、そこは東京とは違い、まだまだ緑の豊かな土地。
春・夏・秋・冬…と、季節によって表情を変える、野草や木々たち。
朝から夕方まで、そこで遊んでいるうちに、「自然」に対して興味を持ちはじめます。

植物にとらわれず、昆虫、鳥、天体…と興味はひろがり、自然の中から多くのことを学んでいきました。

中学校は園芸クラブ、高校は農業高校

そんな彼も、だんだんと大阪の暮らしになじみ、少しずつ友達が増えていきました。でも、暇さえあれば自然の中で遊んでいたとか。

中学校では、園芸クラブに入部。 根っからの植物好きだった彼は、高校も農業系の学校を選び、進学することに。
そこで本格的に園芸の道を歩みはじめますが、高校のときのクラブは漫研だったとか。

このころ、いろいろと頭の中で考えることが、好きだったんでしょうね。

園芸専門校でさらに修行を積み、園芸の道へ

進路で悩んだ末に、園芸の道を選んだ小山内さん。
高校卒業後、タキイ種苗の研究農場付属園芸専門学校に進学しました。園芸界の武者修行の場として知る人ぞ知る同校は、きびしいことでも有名。
彼は、あえてこの世界で、心身を磨きたかったそうです。

「毎日が肉体労働…精神的にも鍛えられましたね。まさしく修行という感じでした」とのこと。 卒業後、今の京阪園芸に入社。
バラの部署に配属され、文字通り“イバラの道”を歩むことになります。

試行錯誤の末、独自の栽培法を確立

入社してはじめてのバラ栽培。
すぐにバラの交配とオールドローズやアーリーを含む、すべてのバラの保存や品種同定が仕事となりました。

このとき、「現実」での難しさを実感。混乱しながらも、1歩1歩と実践経験を積み上げていったそうです。

バブルの時期…多忙な毎日にカラダを壊してしまいます。 彼は、それをきっかけに、“女性にも簡単な栽培法”を模索するようになります。 度重なる失敗の経験をベースに、何度も…何度も……。

そうしたなか、小山内さんは、“見せたいビジョンによって育て方が違う”ことに気づいたそうです。

「それからは試行錯誤しながら、自分だけの“見せ方”を 追求していくようになりましたね」

「TVチャンピオン」への出演を決意する

「このままでいいのかな……?」
2000年の頃、仕事に迷いが生じたという小山内さん。

自分のもつ技術、知識や仕事に疑問をもち、いろいろ悩んでいたそうです。

そんな彼に舞い込んできたのが、TVチャンピオン出演の話。
全国屈指のバラ通たちが集う「全国バラの花通選手権」です。

「自分の技術や知識がどこまで通用するのか、最後に試してみたい」。そう考え、出演を決意します。

TVチャンピオンでV2達成!

結果、TVチャンピオンの「全国バラの花通選手権」でV2という偉業を達成!これには、
出場した本人もビックリしたとか。

「その頃からは、迷いや悩みがきれいになくなりました」と彼はいいます。バラをいっぱい咲させられるよう、
バラ好きのひとのお手伝いをしていくこと。それが自分の新しい目標になっていきました。

現在も、この目標を胸に活躍している小山内さん。今後もさらに彼の思いは、大きく広がっていくことでしょう。

現在の小山内さんはテレビ出演、セミナー講演、執筆活動などで幅広く活躍中!

テレビ出演中の小山内さん。

『趣味の園芸(NHK)』、『よ〜いどん(関西テレビ)』など、出演番組は多数。

もともとテレビ出演は苦手だったそうですが、最近はようやく慣れてきたそうです。テレビに出るようになって、ファンレターの数が増えたとか…。

セミナーの講師を務める小山内さん。

テレビに出演していることもあり、セミナー会場では握手やサインを求められることもあるとか。

「小山内さんをナマで見たい!」という方、春と秋は全国各地をまわっているそうなので、セミナー情報をこまめにチェックしてみては?

執筆活動にいそしむ小山内さん。

各種園芸雑誌での連載が数本、単行本として『アーリーモダンローズ』『オールドローズ』なども執筆(ほか共著多数)。

また、毎年に1回9月に発行されるバラのカタログ『ROSE COLLECTION(京阪園芸)』の監修から執筆まで、ほぼすべてを制作。
ほぼ1年中、なにかと多忙をきわめ、気の知れたスタッフたちですら話しかけるのをためらうほど…。

カラダを壊さないように気をつけてくださいよ!

バラ園指導やガイドを行う小山内さん。

数々の庭園づくりやバラ品種を手がけてきた彼の指導は的確!目からウロコが落ちると評判。

「小山内さんを目標にがんばっています!」といわれることも少なくないとか…。

やはり、“ローズソムリエ”の名は伊達じゃないですね(笑)!

イベント会場での準備に忙しい小山内さん。

どのようなイベントでも、入念な準備が欠かせません。全国各地で開催されるイベントに駆けつけ、見聞きする人たちを楽しませているそうです。

もしかしたら、あなたの町にも、彼が来ているかもしれませんよ!

小山内 健 プロフィール


生年月日 1969年12月30日
出身地 東京都(幼少時代に大阪に移住)
星  座 山羊座
血液型 ・・・・・型(ないしょです!)
性 格 気さくでおもしろい人、意外とナイーブ
学 歴 大阪府立農芸高等学校 卒業
タキイ園芸研究専門学校 卒業
特 技 自分の育てたことのあるバラなら、枝葉とトゲを見ただけで、品種がだいたいわかる。また、どういう環境で育てたものかもわかるそう。
趣  味 魚釣り(海でも川でもOK)
自然散策(山野草、樹木、岩石、滝、キノコ、虫、鳥、何でも好き!)
漫画を読むこと(月刊・週刊誌関係なく、少年誌はほぼ全部読む。)
好きな食べ物 白身魚フライ、焼き鳥(きも)、ケンタッキーフライドチキン、魚介類
モットー わかりやすく、そして楽しくバラを育ててもらうこと。「バラと遊ぼう!」
ニックネーム おさはち先生、師匠
みんなが「バラは難しい」ではなく、「バラは楽しい」と最初にいってもらえるようにしたい。
日本中の名前のわからなくなったバラを鑑定して、名前を取りもどしてあげたい。
困ってること 最近かなり太ってきたこと。

最後に…小山内からのひとこと

皆さん、楽しんでいただけましたか?

自分の生い立ちを含め、ここまでさらけ出していいのかどうか…。お恥ずかしい限りですが、これを機に園芸やバラに興味を持っていただけると嬉しいです!

さて、私はこのページ以外にも、園芸関係の雑誌やテレビ番組にときどき登場しているので、ぜひ見つけてみてください。

特に、バラを愛する方は大歓迎!イベントなどでお会いする機会があったら、熱く語り合いましょうね!
現在登録されている商品はありません